WEB-SUPは、小さな会社のWEB集客を成功へ導く為のメディアです。

美容業界の闇と資産価値としてのブログと

From:田村 巧次

昨日、仲の良いとある業種の先生と、人形町のスターバックスコーヒーでお話しをしていました。

人形町のスターバックスコーヒーは、地下にスペースがあって、落ち着いた雰囲気でコーヒーを楽しめます。

打合せをしているビジネスマンや、本を読みながら一息ついているご婦人達がそれぞれコーヒーを楽しんいるようでした。

暖色系の照明がコーヒーの香りと相性が良くて、とても落ち着ける雰囲気です。

そんな落ち着いた雰囲気のお店で、席に着くやいなやの第一声が

「あったまきちゃう!」(頭にきました。の意)

でした・・・

場の空気にのまれない勇気のある第一声ですよね 笑

こちらの先生、実は女性の方で鍼灸院(しんきゅう)の先生です。

東京日本橋の人形町という町でコツコツと医院を切り盛りし、朝早くから、夜遅くまで、お客様の身体を少しでも良くする為に働いています。

いわゆる超が付くほどの働き者です。

女性の先生なんですけど、いったいいつ休んでるの? ってくらい働いています。

夜ご飯の買い出しも、お客さんが入っていないほんの数分の間に、近くのマイバスケットまでダッシュで行って、ネギが出ているレジ袋をぶら下げてダッシュで戻ってくる。というパワフルな先生です。

いや~。正直言うと、ちょっと心配です。

よく、医者の不養生とか、言うじゃないですか。

まさにそれが当てはまる先生なんじゃないかなぁ。なんて、お会いするたびに思ってしまいます。

ただ、こんな頑張り屋の先生なので、実績はすごくて、芸能人とか本当に悩みを持った人の来院があって、雑誌にもバンバン紹介されている方なのですが、とにかく休みが無い。

そんな先生から、出た一言目が、

先生:「あったまきちゃう!」

わたし:「え?どうしたんですか?」と聞き返すと、

先生:「どうもこうもないわよ!あったまきちゃうのよ!」

わたし:「なにかあったんですか?」

先生:「そうなのよ!あったまきちゃうのよ!」

どうにもこうにも、あったまきちゃってる状態らしいのです。

普段はとても物腰の柔らかな方なのですが、少し語気が荒くなっている様相。

原因を詳しく訪ねてみると…

集客を外部のツールに委ねてはいけない

人形町の鍼灸院の先生は、大手のコスメ系ポータルサイトと契約をして、お店の紹介・ブログ記事の更新をポータルサイト内で行っていました。

コスメ系大手ポータルサイトが、集客窓口となっていたのです。

もちろんご自身のホームページも持っていたのですが、集客用のブログは、コスメ系大手ポータルサイトで書いていました。

ところが、数日前にポータルサイトの営業担当から、一本の電話が入ります。

営業:「来月から、あなたの鍼灸院のページを削除します。お支払いも今月で終わりで結構ですので・・・」

先生:「え?!なんでですか?理由を教えてください。」

営業:「理由はお答えできません。そうゆうことですので、宜しくお願いします。」

と電話を一方的に切られてしまったとのこと。

このはなしをお聞きして、わたしは何か、規約違反みたいなことしたのかな…と心の中で思っていたら、

先生:「違反となるようなことは絶対してないし、規約も何度も読み直した。」

と言うのです。

ただ、先生の中で当たりは付いているらしく、所属している(していた)団体の良くない習慣について、是正を求めるような記事を書いたらしいのです。

その悪習は、先生のお客さん、つまり施術を受ける人にとっても、良くない状況である。とのこと。

その団体に所属しているかぎり、施術を受けるお客様からも数パーセント施術料金に上乗せする必要があるらしいのです。

先生は「お客様には適正な価格で施術を受けて欲しい。」という想いで、その記事を書いたつもりだったのですが、恐らくそれが、所属団体の偉い人の逆鱗に触れたのだろう。

という事なのです。

営業担当に、だめな所は修正するので、利用させてくれ。といくら頼んでも、取次いでもらえないとのこと。

わたしは、団体のビジネスモデルにどうこう言うつもりはありません。その団体を支える為の資金源も必要ですし。

そのコスメ系ポータルサイトの規約も確認しましたが、これ系にお決まりの文句がしっかりと記載されていました。

「事前の連絡なく、メンバー資格の抹消をすることがある。」

と。

問題は所属する業界団体でも、コスメ系ポータルサイトでも無い

こわいですよね…

自分に置き換えるとゾッとしてしまいます。

言うなればこの状況って、「集客」という自身のビジネスの根幹を他人に握られている状態なのですから。

ましてや、超が付くほど忙しい仕事の間に書いたブログ記事。という、本来であれば自分の「蓄積資産」となるべきものを、他人にあげてしまっているのですから。しかもお金を払って。

 

こちらの人形町の鍼灸院さんの取るべき道は1つです。

自分で集客ツールを持ち、集客のノウハウを持ってしまうことです。

そうすれば、業界大手の○○コスメのようなポータルサイトに月々数万円も払い続けることが無くなります。

集客する為に月々数万円払い続けた結果、理由も伝えられず削除されてしまうのですから、こんな理不尽なことありませんよね。

あなたは、自分の集客ツールをもててますか?

人形町の鍼灸院の先生のように、外部のツールやサイトに集客の主軸を握られている。というのは、他人にビジネスの根幹を握られているようなものです。

外部サイトに依存している状態のままだと、

「来月から掲載料金が値上げして5万になるので。」

と言われても、なかなか断ることができないと思います。

そのような状態から抜け出すためにも、あなた自身で集客のノウハウをみにつけ、あなた自身の資産となる集客用のホームページを持つべきですよね。

もし、あなたが、外部の集客ツール(食べログ、ホットペッパービューティー、アットコスメ、etc)に頼りきった集客をしているのであれば、自分独自の集客ツールを持った方が良いとわたしは思います。

あなたはどう思いますか?

 

PS:

わたし達は、集客ツールとなるサイト構築と、集客のノウハウをあなた自身に身につけてもらうお手伝いをしています。

もし、すこしでも興味のある方は、是非ご連絡くださいね。

ブログが蓄積資産ってどうゆうこと? なんで無料ブログじゃだめなの?という方は、是非こちらの記事も読んでみてくださいね。

まだアメブロ使ってるの?いますぐワードプレスに移行すべき理由。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です