WEB-SUPは、小さな会社のWEB集客を成功へ導く為のメディアです。

迷惑メールはフォーカスマーケティング?

気づき

From:田村 巧次

金曜日の午前中も終わりに差し掛かるころ。

スマホの時計を見ると、11時30分。

もうすぐお昼ごはんだ!今日は何を食べようか。

なんて考えていたら、スマホのメール着信の音が鳴りました。

テーテテテーテッテテッテテー(宇宙戦艦ヤマトのOPをメール着信音にしています。)

携帯メール宛にメールが一通とどきました。

普段携帯メールには、迷惑メールくらいしか届かない。

しかも、最近はサーバー側のセキュリティ強化もあって、迷惑メールもほとんど届かなくなっていた。

珍しいこともあるもんだ。とスマホのロックをはずし、メールの差出人をみると、

母携帯となっている。

あれ?母?いつも連絡はLineでしているのに。

件名をみてみると・・・

 

 

 

【差出人】:母携帯

【件名】:
「あんたの部屋を掃除していたらこんなものが出てきたよ!」

これは、迷惑メールかなぁ・・・

と想いながらも、件名が秀逸すぎてついつい開いてしまいました。

以下、メール本文の抜粋です。

——————

あんたの部屋を掃除していたら、こんなものがでてきましたよ。

懐かしいね。

写真を添付したからみてみなさい。

URL:http://×××××.img.com

——————

「いや~秀逸です。」

どんな内容なんだろう。という誘惑に負けて、ついつい開いてしまいました。

そして、笑いました。

わたしの母も、わたしのことを「あんた」と呼ぶのです 笑

そう、この件名の出たしは「ペルソナ」への語りかけだったのです。

「みなさん」ではなく「あなた」にこそ届く

わたしは、「あんた」というワードと、送り主が「母携帯」となっていたことにより、ついついそのメールを開いてしまいました。

しかも、迷惑メールかな・・・という疑いを持ちながら。

そして、

「あんたの部屋を掃除していたらこんなものが出てきたよ!」

なんて言われると、わたしにも思い当たる節があったので、すこしドキっとしてしまいました。

いろんなことが頭をよぎったのです。

「もしかして、中学生の頃の恥ずかしいアレがでてきた?!」

「いやまてよ・・・もしかして小学生の頃のアレか?」

という思考でした。

そうなのです。

ひとは自分に思い当たる節があると、その文面に共感し、自分のことだ! と思い込むのですね。

「たったひとりのあなた」の為に文章を書くということは、共感してもらい「行動してもらう」為にはとても大切なことなのです。

この記事を読んでくれているあなたの場合、

「行動してもらう」 = 「購入・お問い合わせしてもらう」

となるでしょう。

今回の迷惑メールのペルソナ(ターゲット)は、

「親元を離れて暮らしている、30代男性」

という設定だったのだと思います。

「1000万円差し上げる方を探しています。」みたいな迷惑メールなら、絶対に開きませんよね。

でも、「誰」に向けて書いているのか? ということを明確にすることで、その記事・文章を読んだ人は、

「あ・・・これは自分のことかな。」

と考え、その記事に共感し、著者に信頼を寄せることになります。

今回の迷惑メールのように、この手法を悪用することには反対ですが、ぜひ、あなたが「誰」に向けて記事を書くか?ということがまだ明確になっていない場合は、一度考えてみてください。

「誰に届けるか」というペルソナを明確にすることで、あなたの書いた文章に信頼を寄せるひとが必ずいるはずです。

「みなさん」ではなく「あなた」に語り掛けましょう。

「たったひとり」に確実に届けば、100万の人に届く。

という言葉があるように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です