WEB-SUPは、小さな会社のWEB集客を成功へ導く為のメディアです。

妻との喧嘩で得たWEB集客の教訓

From:田村 巧次

もし、あなたが、ホームページを作ったあと、何もしないで放っている状態が続いているのであれば、タイトルから見てもわかる通り、今日の内容は必読です 笑

 

実は、昨日、妻と喧嘩をしてしまいました。

ただいま、と家に帰ると、待っていたのは「おかえり~」という、いつもの明るい様相とは異なっていました…

 

わたし達はマンション住まいで、駐輪場に自転車を停めるには、指定のシールを貼る必要があります。

そのシールを貼った自転車を、あろうことか紛失してしまいました。

駐輪していたはずの場所に自転車が無いのです。

「是非も無し…」

わたしは憤りを覚えましたが、自転車はまた安いものを買えばいいや。と思い、すぐに近くの自転車屋さんで購入。(一応警察にも連絡しましたが、見つからないことが多いようで…新たな相棒の購入を決意しました…)

苦渋の決断でしたが、なんとか、自分の中で区切りをつけることができました。

自転車は何とかなった。

「よし、これで明日も自転車に乗って近場を回れる!」と思い、一件落着かとも思いましたが、この時のわたしは意外と冷静でした。

「あ、シールが無い。」

そうです。マンションの駐輪場に停めるには、指定の駐輪シールが必要だったのです。

そこでマンションの管理業者に連絡をとり、昼間電話に出ることが出来ないわたしの代わりに、妻の連絡先を伝えておいたのです。

そこまでやったら安心してしまったのでしょう。

わたしはそれらのことを妻に伝える。という一番大切なことを、すっかり忘れていました。

その結果、妻は何度も掛かってくる、知らない番号からの電話にでることができなかったそうなのです。

そうこうしていたら、管理人室から直接インターホンで連絡があって、「電話に出てくれ!」と強めに言われた。というのです。

そのことで、わたしが帰宅直後の「ただいま」の後に帰ってきた言葉は、

「なんで一言でいいから連絡くれないの?」

でした。

そこで一言、

「ごめんね」

と言うことができれば良かったのですが…

 

わたしの「変なプライド」と「自転車が無くなったイライラ」が重なり、素直に妻の言葉に耳を傾けることができませんでした。

「いやいや、それくらいのことで怒るんじゃないよ。」

と反論してしまったのです。

そこからはもう収集がつきません。

売り言葉に買い言葉で、口論が続くうちに、飼っている2匹の犬もわたし達に釣られて、ギャンギャン吠えだしました。

家の中はカオスな状態です…

あなたも変なプライドが邪魔をして、相手のアドバイスを素直に受け入れられない時ってありませんか?

新規参入してきた、同業者の知り合いから、

「メルマガだしたら売れるんすよ~」

と聞かされて、心のなかで、「今更メルマガなんて効果ないでしょ」

と、やったこともないのに否定する。

「ブログを書いたら集客できるんすよ~」

と言われて、「ブログなんて日記みたいなもん恥ずかしくてできないよ」

と、やったこともないのに反論する。

ウェブサイトのアクセス方法を増やして、目的を達成する為には、ブログもメルマガも両方必要なことなんです。

サイトを作っても(リニューアルしても)そのあと何もしない。

ということは、良い関係が築けそうな人や、あなたの商品(サービス)で解決できる悩みを持った人を放っておいている状態なのです。

すごく勿体ないことだと思いませんか?

ビジネスで成功する近道は、

変なプライドは置いておいて、まずはやってみる。

自分よりも成功している人の声に耳を傾けてみる。

そうすることで、新たな道が開ける場合や、新たな発見があるんだと思います。

あの時、妻の言うことに少しでも耳を傾けて、

「ごめんね」を言うことができていれば、喧嘩などせずに済んだのは明白です。

だってわたしが悪いんだもの。

この連休も楽しく過ごせたはずなんです。

この教訓を自戒の念を込めてあなたに届けます 笑

あなたなら、ビジネスを成功させるために、どう行動しますか?

 

PS:わたし達は、小さな会社のWEB集客に特化したWEB制作会社です。

ぜひ、今のWEB集客の現状を知り、わたし達と一緒にビジネスを成功へと導きませんか?

少しでも興味をもった方は、こちらの記事も読んでくれたらうれしいです。

コンテンツマーケティング 小さく始めて大きく育てるWEB集客のススメ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です