WEB-SUPは、小さな会社のWEB集客を成功へ導く為のメディアです。

強み「簡単発掘法」は、やばみ

こんにちは。小さな会社のWEB集客を応援するメディア、WEB-SUP編集長の田村です。

「自社の強み」を明確にするって、なかなか難しいですよね。

これが、比較的簡単にできちゃうよ~。という、やばみな内容となっております。

やばみとは?

あなたは、「やばみ」「つらみ」という言葉を知っているでしょうか。

最近(2018年9月執筆)、日常会話の中などでよく使われている言葉です。

若い女性の会話の中やTwitterなどのSNSなどでよく使われる言葉なので、聞いたことがあるという人も少なくないんじゃないでしょうか。

まだ意味を知らないという人は、しっておくと便利なのでここでしっかりと覚えていきましょう。

「やばみ」「つらみ」とは「やばい」「つらい」という意味を表す言葉です。

「やばい」「つらい」という形容詞表現の言葉を「うまみ」や「ありがたみ」のように「み」をつけて名詞化したものです。

世の中の女性からは「ネット感があって好き」「普通にいうよりもかわいい」という声が寄せられ、若い女性を中心にとても人気を集めている言葉です。

引用:https://meaning.jp/posts/927

さて、本題に全く関係の無い、やばみを習得したところで、お話をもどしますね。

人のことはよくわかるのに、いざ、自社や自分のことになるとわからなくなる。

よくある話です。

わたし達自身も、この傾向があります・・・

このメディアを運営していることで、気づかされることがたくさんあります。

みなさんにお伝えしているつもりでも、自分たちが1番学びになっています。

いつもありがとうございます。

さて、

わたし達は、様々な業種・業態の企業のご担当様、経営者の方とお話しをする機会が多いのですが、すごい売上や成果を出している方でさえ、

「強み?急に言われてもあまり考えたことないなぁ。」

「実は・・・自社のことはよくわからないんだよねぇ~」

と、ぽろっと漏らされたりします。

しかし、自社の強みを、明確にするとなると、かなりの時間と労力を費やして掘り下げる作業が必要になります。

とは言っても、忙しいし、なかなかそんな時間も取れなかったりしますよね。

多くの会社は、お客様を向いている為、自社のことが後回しになりがちです。

そんな時に、比較的すぐに使えて、自社やあなたの強みを明示化させるコツがあります。

実際にわたし達もこの方法で、お客様の言葉を具体化しています。

「言葉」を定義する

どうゆうこと?

もう少しかみ砕くと、

「キーワードをあなたなりに定義する」

という方法です。

例えば、

「お客様が安心できる、業界No. 1のサポートに自信があります!」の場合

この文章の中で、1つ1つキーワードを見ていきます。

「安心」で見てみましょう。

安心という言葉は人によって定義が異なります。

「家族のように心を許せる存在」の「安心」なのか?

「24時間いつでも即対応できる体制」の「安心」なのか?

10人いたら10通りの答えが想像できます。

付け加えると、

「業界No. 1のサポート」

についても同じことがいえます。

何のサポートがNo.1なのか?

  • 自動車整備の、オイル漏れ点検
  • 観葉植物レンタル業界の、植物維持に関する知識
  • フェイシャルエステの、施術後の相談窓口
  • あなたの街の整体医院で、術後の指導
  • 靴屋さんの、購入後メンテナンス
  • 茶道教室さんの先生の資格を取得するまでのサポート

自信の由来は何なのか?

  • いままで、お客様に1番喜んでもらえたから
  • 1番売れているから
  • 長く提供してきて、伝統があるから
  • 難関資格を取得しているから

文章のなかの、それぞれの「キーワード」をあなたなりの表現で定義するということです。

他にも、「多くの人々の「幸せ」為に、「感動」届ける。」

が社是だった場合、ひとつひとつ、どんな幸せ?どんな感動?を考えていくことです。

時間をかけてあなたや自社の強みを掘り下げなくても、比較的、短時間で強みを表現することができるようになります。

そんなに難しくない方法ですし、けっこう使えるテクニックだと思いますので、やばみですよね。

是非、「やばみ」と併せて使ってみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です