WEB-SUPは、小さな会社のWEB集客を成功へ導く為のメディアです。

ビジネスブログと個人ブログの違いってなに?

ビジネスブログと個人ブログの違い

小さな会社のWEB集客を支援するメディア。WEB-SUP編集長の田村です。

WEB集客・マーケティングにおける「ビジネスブログ」の立ち位置は、いわゆる「個人ブログ」とは目的や役割が明確にことなります。

ビジネスでブログを活用する理由は、

見に来てくれた人からのお問い合せや、注文を頂くことが目的です。

しかし、「ブログを書く」ということが目的となっている人や、

何を書いて良いのかわからないという人が一定数いるのが事実です。

「ブログって日記でしょ?」と考えている方、間違っていますよ。

そんな認識をしている人にこそ、読んで頂きたい内容です。

ここまで読んで「はっ」とした方、是非この内容を確認して、ビジネスシーンでのブログの在り方を理解してください。

ビジネスブログはお客さま中心

個人ブログはあくまで自己表現の場であり、ビジネスにつなげることが目的ではありません。

逆にビジネスブログは、見込み顧客を集め、問い合わせ件数の増加や、自社ブランディングを行うことが目的です。

当然ながら提供すべき情報もお客様中心である必要があります。

また、ブログシステム(WordPressのようなCMS)も、問い合わせ件数を増やす、見込み客を増やすということに最適化されている必要があります。

個人ブログ ビジネスブログ
想定読者
  • 友人、家族、知人
  • 不特定多数
  • 見込み客(潜在層・顕在層)
  • 既存客
運営目的
  • 近況報告
  • 自己表現
  • 問い合わせ件数の増加
  • 見込み顧客を集める
  • ブランディング
発信する情報
  • 自分中心
  • お客様中心
コンテンツ例
  • 今日のランチ
  • 今日の出来事
  • 趣味の話し
  • 一日の感想(日記)
  • 会社の(自身の)持っている知識・技術・ノウハウでお客様の疑問に答える
  • 自社の強み、独自性の訴求
利用システム
  • 無料ブログ(アメブロ、エキサイトブログ、シーサーブログなど)
  • WordPress
  • MovableType
  • その他CMS

上の表を確認してみてください。

あなたは、個人ブログで書くようなことを、ビジネスブログで書いていませんか?

もし、書いているのであれば、この先も読み進めることをオススメします。

では、ビジネスで活用するブログにはどのような内容を書くべきなのでしょうか?

ビジネスブログってどんな内容を書けばいいの?

答えは、「専門性を思う存分発揮した内容」を書くことです。

ビジネスブログではあなたの「専門性」を発揮することが大切です。

これはそのまま「信頼」や「影響力」の獲得につながります。

たとえばわたし達の運営する「WEB-SUP」も相当な専門性を発揮して執筆しています。

きっと皆さんは「なんだかんだ言ってもコタムはWEBマーケティングに詳しいからいいな」と思ってくれるでしょう。(そう願っています。)

興味の無い人にとっては、ゴミのような記事ばかりなのですが、ネットで集客をしたい、集客のテクニックを知りたい。という方には、役に立つ情報を発信しています。

このような経験を通して、皆さんの頭の中で「コタム(当メディア運営会社です。)=>いいね!」という図式が出来上がります。(これまたそう願っています。)

すると、私たちの言葉や言動に、「一目置く」ようになるわけです。(しつこいですが、そう願っています。)

あなたの従事する仕事は、必ずなんらかの専門性を有しています。

ですので、ビジネスブログでは、あなたの「専門性」を書くようにしましょう。

専門性を出す・書くなんてどうやるの?

イメージしやすいように具体例を挙げますね。

たとえばカフェの店員が専門性を出した記事を書くとしましょう。

「置き看板の書き方・置き方」「お菓子や軽食の陳列方法」「客層の分析」「売れる商品の傾向」「コーヒーのこと」などというテーマで専門性を発揮できるハズです。

タイトル案としては、こんな記事が書けそうですね。

  • カフェ店員が教える「第一印象が良い感じの人」の法則
  • カフェの店員が教える「オシャレで売れる陳列」の技術
  • 「○○」が鍵だ。カフェの店員が教える「ヒット商品」の隠れた法則
  • 雨の日の置き看板は〇〇に置くとみてもらえる?!
  • カフェの店員が教える「この組み合わせが最強?コーヒーと合う軽食の選び方10選」
  • 実は江戸時代にカフェの原型が。カフェオーナーもしらない「カフェ」の歴史
  • 実は不思議な「コーヒー」の「語源」( 所説あり。)

※ごめんなさい、すべて想像です。

このような専門性を発揮したコンテンツを発信した結果、読者に「おぉ。なるほどなぁ」と思ってもらえることに成功すれば、このカフェの店員は「カフェにとても詳しい人」として認識されます。

その結果、この人に会いに行ってみたいなぁ。とか、是非ここのコーヒーを味わいたい。と思う人が少なからず出てきます。

そして、記事や口コミがきっかけでメディアに出演することもあるかもしれません。

この種の話はいたるところに溢れています。夢物語ではないのです。

ビジネスブログ集客を始めるときの注意点

ビジネスブログで集客をこれから始めていきたい。

と思っている方で、ご注意頂きたいのが、

「自社商品・サービス」と「個人の趣味」をごちゃ混ぜにしない。ということが要注意ポイントです。

ブログを書き続けていると、どうしてもネタ切れになってしまい、自分の身の回りの事を書いてしまいがちです。その方が時間もかからないし、情報収集などが必要ないからです。

なぜ「ごちゃ混ぜ」にしては行けないのか?

理由は2つあります。

1.「検索結果・SEO」目線だと、好ましくない

Googleなどの検索ロボットは、専門性のあるサイトを上位に表示する傾向にあります。

ですので、「カフェ店員がお届けする、街カフェ評論」というメディアの中に、

「今日は家族でお花見をしました~^^v」

というタイトルの記事が混ざっていると、Googleからの評価は下がります。

Googleだって営利企業です。

Google検索を使う人ファーストでクローラーを常にアップデートしています。

「検索する人」にとっては、

専門サイト且つ、自分の悩みを解決してくれるサイト

が上位表示されていた方が使いやすいですよね。

そうゆうことです。

2.「せっかく見に来てくれた人が混乱する」から

例えば、

コーヒーの美味しい淹れ方について知りたいなぁ。と思っている人がいます。

  • STEP.1
    「コーヒー 美味しい 淹れかた」をGoogleで検索

    リビングのソファーで自分で淹れたコーヒーを飲みながら、スマホで検索します。

  • STEP.2
    検索結果で上位になっている記事を見つけます

    「おぉ。こうやって淹れるんだ…」

    「こうやると家でも美味しく淹れられるんだ…面白い!」

    「もっとこの人が書いた他の記事も読みたいな。」

  • STEP.3
    次に表示された記事が「家族お花見ランチをしました~^^v」記事だった。

    「ん?花見に行った?」「この人の家族?」

    知り合いじゃないから全く興味ないなぁ…

  • STEP.4
    サイト離脱。

    という流れになり、折角仲良くなれそうなお客様だったのに、振り向いて貰えずに終わってしまいます。

理想は、STEP3で、「カフェ店員が教える家でも美味しく淹れられる道具6選」みたいな記事につなげてあげられれば、記事を回遊してくれていたでしょう。

専門サイトに「個人的な記事」が混ざっているという状態とは

専門サイトに「個人的な記事」が混ざっているという状態とは、言うなれば、

看板にラーメン専門店と書いてあったのに、店を覗いてみたら、ラーメン以外に、カレーやカツ丼、日本蕎麦まで置いてある…

「この店はちょっと違うかな、、辞めておこう。」

ということです。

それぞれの業界でトップと呼ばれるのブログメディアを見てみると、個人的な記事は一切書いていないことがわかります。

  • 歯医者:歯のブログ(戸塚の歯医者運営) 「歯石 自分で取る」で検索上位
  • 美容院:町田美容院の知恵袋(町田の美容室が運営) 「縮毛矯正」で検索上位
  • 観葉植物レンタル:ア・トロピカル・ガーデン(福岡の観葉植物レンタル事業者が運営)
    「観葉植物 オフィス」などで検索上位

どのサイトも運営元は、大企業ではありません。あなたの会社と規模感がとても似ているのではないでしょうか?

それでも、現在すでに繋がっているお客様に個人的なことをお伝えしていきたい、趣味もわかってもらった上で、エンゲージメント(繋がり)をもっと高めて、リピートしてもらいたい。

とゆうような場合もあるかと思います。

趣味や家族のことを書きたい場合は、他のメディア(無料ブログやSNS)で書くと良いでしょう。

そして他のメディアを使っていることを、プロフィールなどにしっかり明記してください。

SNSやブログへの導線リンクバナーなどで良いでしょう。

あなたが専門家として書いたブログを見て、問題解決した方は、必ずあなた個人にも興味をもってくれます。

そうしたら、SNSも覗いてくれます。

もしフォローしてくれるようであれば、さらなる交流を深めていきましょう。

サイトに再訪問してもらう為にすること

ひとつの記事を見て貰っただけで、終わってしまうのは、もったいないですよね。

なので、また来て頂く為に「読者登録」や「SNSへのフォロー」への導線に繋げてあげることができれば、閲覧者は、あなたの商売の潜在顧客として、将来のお客様になるでしょう。

離脱されてしまう要素は排除したほうが、お客様にとっても、あなたにとっても良いことなのです。

趣味のことも発信したいんですけど…

それでもやっぱり趣味のことを詳しく発信していきたい。という方も多いと思います。

もちろん趣味や、特技に専門性を出して発信することも大いにアリですが、その場合は、専門サイトを分ける必要があります。

理由は一つ、

「Googleが専門サイトを評価する」

からです。

仕事では最先端のITを扱っていながら意外にもアナログ大好きで文房具・手帳が好きです。日本の文房具の素晴らしさを日本中、世界中に伝えることをライフワークとしています。文房具アドバイザー・手帳アドバイザーを名乗り(自称)ぴったりな文房具や手帳を提案することができます。雑誌・新聞の文房具特集への掲載多数。手帳はジブン手帳を愛用。

引用:https://mai-bun.com/profile

次の方々も同様です。

もともとは、趣味を活かしたブログを始めた方ですが、今やその界隈で知らない人がいないという「カリスマ的」存在となっています。

趣味をビジネスにしたい。趣味でブログを活用したい。

という方は、是非「○○評論家、博士、番長、マニア」を目指して別のブログで専門性を出して頑張って行きましょう。

まとめ

個人ブログとビジネスブログの違いを理解いただけたでしょうか。

ビジネスブログでは、見に来てくれる人がどのようなことに悩んでいるのか?

どんな情報をあなたから得たいのか?

お客様の立場に立って、発信する必要があります。

あなたがもし、コンドミニアムを運営している方であれば、近隣のランチ情報もOKです。

なぜならば、お客様にとってその情報は有益だからです。

しかし、来店してもらう必要のないビジネスに於いて、ランチ情報はノイズでしかないのです。

そのことを強く意識する必要があります。

あくまでも発信する情報は、お客様中心であることが大切です。

難しいことはありません。

お客様のことはあなたが一番理解しているはずです。

客のことなんかわからない。という方はビジネスをする気が無い人か、客を舐めている人だと思います。

あなたがビジネスをしているのであれば、あなたのお客様の悩みを解決してあげられるノウハウを持っているはずです。

簡単なことです、

「日記を書かずに、お客様が必要としている(解決したい悩みなど)記事を書く」

それだけなのです。

そう考えると、あなたにも、ビジネスブログ集客が出来そうだと思いませんか?

 

そもそもなぜ今ブログ集客なのか?

という疑問をお持ちの方は、是非こちらの記事も確認してください。

コンテンツマーケティング 小さく始めて大きく育てるWEB集客のススメ

 

わたし達と、小さく初めて大きく育てるビジネスブログ集客をはじめませんか?

  • ブログをどのように集客に役立てるのか?
  • どんな記事を書いたら良いのか?
  • SEOに強い記事の書き方ってなに?
  • SEOに強いブログの土台を作りたい。
  • 魅力的なタイトルの書き方を知りたい。

という方は、是非ご相談ください。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です