WEB-SUPは、小さな会社のWEB集客を成功へ導く為のメディアです。

大事なお金を払ってまであなたのサービスを買う理由

苦痛と快楽

わたしたち消費者が、とても大事なお金を払ってまでモノを買う理由は、すごくシンプルです。

それは…

「苦痛から逃れ、快楽を得るため」

ということです。

つまり、お客様の根本にある悩みを知り、その痛みにストレートに訴えかける記事を書くと、面白い位に効果が出ます。

その悩みをもった人にとって、大変なお役立ち情報となるので、信頼もしてもらえます。

お客様が何に悩んでいて、あなたの商品を必要としているのか?

それを深く知ることが、1番大切なことであり、ビジネスを成功させる為には必要なことなのです。

お客様の悩みが解らない…という方は、お客様のことを「知らない」ということなので、今一度お客様とお話しをする機会を設けてみる必要があるでしょう。

人が、感じる根源的な痛みは5つ

1.恐怖

人は希望的観測では行動をしないが、恐怖を感じると必ず行動します。

例えば、髪の毛がなくなりそう。という恐怖から、20代後半から頭皮ケアをしっかりしておく。

知人に「20代からちゃんとケアしないと、俺みたいになるよ?」と言われたら、行動したくなりますよね。

そうゆうことです。

ほかにも、お金がなくなったら惨めな思いをするという恐怖から、経済的に成功したいと思う。

人に見放されるという恐怖から、コミュニケーションがうまくなりたいと思う。

などがあげられます。

2.退屈

実は、わたし達人間は、誰もが、生きる目的のない、ハリのない毎日を恐れています。

そのため、退屈な現状を変えて、刺激のある毎日を暮らしたいと思っているのです。

あなたもそうですよね?

退屈はしたくないから、旅行にいく。

退屈はしたくないから、趣味に没頭する。

退屈はしたくないから、気の合う仲間と集まる。

あまり大きな声では言えないですが、熟年離婚の大きな原因もこれがあてはまるそうです。

3.無能

誰でも自分は才能に溢れた人間だと思いたがるものです。

逆に言うと、無能で誰の役にも立たない人間になることに激しい苦痛を感じる。

自分が必要とされる場所を求め、自分を必要としてくれる人の為に役に立ちたいと思うのです。

以前わたしが、駆け出しの頃、安いバイト代で請負仕事をしていたことがありました。

今では考えられないほど、低い対価(地方のバイト最低賃金よりも低い)で働いていたのですが、それは相手が喜んでいてくれたからです。

駆け出しだったわたしは、喜んでくれる=わたしを必要としてくれている。と考え、その仕事に没頭していました。

しかし、私事でどうしても仕事ができないときに、ごめんなさいをしたのですが、その瞬間仕事を切られてしまいました。

そのクライアントは、安価で言うことを聞いてくれるひとなら誰でもよかったのです。

わたし自身もそうであったように、人は誰でも、自己重要感/自尊心を常に得ていたいと思っているのですね。

実はこれを大切にしているクリエイターは非常に多く存在していると思います。

そんな彼らの気持ちを利用せず、適正価格で依頼してあげてください。

4.孤独

当たり前のことだが、人は一人になることを恐れます。

他人との、心のふれあいや、つながりがなければ、誰だって生きていくことはできないのです。

わたしは1人で生きていけるって言っている人ほど、孤独を恐れています。

そんな孤独を恐れる人をあなたの商品・サービスで解決してあげるには?

5.失敗

人生の最期の時に、「自分の人生は失敗だった」と 言う方はとても多いらしい。ですね。

あなたも聞いたことがあると思います。

つまり、多くの人が、自分が思い描いていた人生と全く逆の人生を歩んでいる。

本心では、「こんなはずではない」と思いながら・・・

「もし、あなたがこのサービスを使わなかったら、○○○になってしまいます。」

というキャッチコピーを見たことがありませんか?

これは、失敗を恐れる人間の心理を利用したコピーです。

まとめ

お客様に届けたい記事を書く時は、この誰もが持っている根源的な痛みのどれかを深く刺激するタイトルにすることで、振り向いてもらえる確立が増大するでしょう。

しかし、煽ることは辞めましょう。

あくまでも、お客様の深いところの悩みを知り、それを解決してあげられるような記事にしてあげると良いでしょう。

そして、その言葉と、あなたの商品やサービスから得られるベネフィットを結びつけてお伝えすることで、信頼を寄せてもらえることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です