WEB-SUPは、小さな会社のWEB集客を成功へ導く為のメディアです。

WordPressの「カテゴリ」と「タグ」の違いって何?

ブログ集客の質問集

おはようございます。小さな会社のWEB集客を応援するメディア、WEB-SUP編集長の田村です。

ご存じのとおり、ブログの記事を分類するのに、カテゴリーとタグという概念が存在します。

あなたは使い分けができていますか?

今回は、その違いと使い分けのコツを説明します。

カテゴリーとは?

記事を「ジャンル」ごとに分類する為にカテゴリーが存在します。

例えば、夏の甲子園のニュースサイトであれば、

  • 「大阪桐蔭高校」
  • 「金足農業高校」
  • 「済美高校」
  • 「日大三高」
  • etc

というように出場高校ごとに分類します。

そうすれば、大阪桐蔭ファンは大阪桐蔭のカテゴリーを、金足農業高校ファンは金足農業高校カテゴリーを・・・

という感じで、好きなカテゴリーの情報だけを閲覧することができて便利ですよね。

WordPressのブログに於けるカテゴリーというのは、ユーザビリティ(消費者のサイトの使いやすさ)向上の為に利用します。

また、サイト構造を成形するものでもあるのです。

タグとは?

タグは、記事の中で使われている「単語」や「キーワード」を設定しておく為のものです。

例えば、

柿木蓮(大阪桐蔭)」や「野尻幸輝(木更津総合)

といった、選手の名前をタグに登録したり、名試合すぎて、あとから付いた試合の名前などなど、カテゴリーの分類とはまた別枠のものであると効果的です。(両名ともわたしのお気に入り選手です。)

また、記事内でよく使われているキーワードをタグに設定しても構いません。

例えば、

「野尻君はすっごいイケメンなんです!」

という文面であれば、「イケメン」というタグを設定すれば良いと思います。

他にもイケメンな選手ってたくさんいますからね。大阪桐蔭の藤原くんとか、旭川大高校の沼田くんとか。

まだまだいますからね。ほんとうは全員イケメンなんですけどね。例が良くなったですね。

そうすることで、消費者がアーカイブからお目当ての記事を探したいときに役立ちます。

これも、ユーザビリティ向上の為に活用すると良いでしょう。

なんでもかんでもタグを登録する。では無く、サイト訪問者がどんな括り(くくり)で情報をみたいのかな? ということを意識してみると良いでしょう。

イケメンっていう括りで高校球児たちを知りたいですよね?

サイト内検索との役割の違い

ユーザーが記事を探すときに利用するもう1つのツールが「サイト内検索フォーム」です。

情報数が膨大になったポータルサイトや、情報サイトにはサイト内検索フォームは必須です。

サイト内検索の場合は、ある程度「探したい情報が決まっている」時に効果を発揮します。

そのため、ひとつの記事を読んでもらって、もっとこのサイトの情報を知りたい!と思ってもらえたときには、カテゴリーやタグからチェックしてもらう方が便利ということになります。

まとめ。
結局のところ、分類の目的は?

なぜ記事を分類するのかと言えば、「ユーザーが情報を探しやすくするため」です。

それは、検索ロボットにサイトクロールをしてもらいやすくするためです。

記事の数が膨大になった時に、過去記事がしっかりと整理されていて、見やすい状態。これが理想です

そのためには、カテゴリーとタグを適切に分けることが重要となります。

あなたのサイトへ訪問してくれる人が何を知りたいのか?それを意識して、カテゴリーやタグを活用していきましょう!

 

サイトのクロール?となったかたは、こちらも是非見てみてくださいね。

クローラーとは? クローラーとは?あなたのサイトにもクローラー来てますか?【WEBマーケティング用語解説】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です