WEB-SUPは、小さな会社のWEB集客を成功へ導く為のメディアです。

ホームページが更新されない時、キャッシュ削除を試してみよう

HPを更新したはずなのに、どうもお互いかみ合わない…

「あぁ…キャッシュが残ってるのかぁ。」と思い、

私:「ブラウザをリフレッシュしてからご覧いただいてもいいでしょうか?」

お客様:「・・・・・・」

大変失礼しました。わたしの説明不足です。

キャッシュとは??

一度見たWEBサイトのデータ(html・css・js や画像等のデータ)をあなたが見ているブラウザの中に一時保存して、読み込み速度を向上させる技術です。

あくまでも一時保存なのですが、頻繁に更新作業をしている際には、古いデータが表示されてしまうことが多々あります。

そのため、ブラウザのキャッシュ更新をしないと、うまく更新が反映されていないことがあります。

まずは、ブラウザの更新

ちょっと難しそう…と思った方は、まず、ブラウザ表示の更新をしてみてください。

Google Chromeなら、赤枠の更新マーク。

Internet Explorer も、赤枠の更新マーク。

 

FireFoxなど他のブラウザも更新マークは同様です。

また。スマホのブラウザにも更新マークは表示されているので、試してみてください。

F5キー押下でリロード

キーボードにある、「F5」のボタン。Function Key(ファンクションキー)というのですが、これも使えます。

ブラウザでキャッシュされている場合、キャッシュを利用して画面を再表示します。

スーパーリロードは、「Ctrl+F5」同時押し

スーパーリロードとは、

  • サーバーにある最新の情報を読み込んでブラウザ画面を再表示します。
  • IE、FireFoxではCtrl+F5でスーパーリロードしますが、ChromeはCtrl+Shift+Rでスーパーリロードします。

iPhoneのSafariのキャッシュを消去する方法

iPhoneのSafariは更新を行っても、うまく反映されない(キャッシュがクリアされない。)ことが多々あります。

iOSのバージョンなどによって、仕様がコロコロかわるので、うまく更新できないな…

となった場合は、下記の方法をお試しください。

「設定」→「safari」→「履歴とWebサイトデータを消去」→「履歴とデータを消去」の順で消去です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です